© 2023 by TRAVESIA

  • White Facebook Icon
チェスのキング
ワインバケツアイコン
赤いバラ

"AN OUNCE OF SAUCE

COVERS A MULTITUDE OF SINS."

Anthony Bourdain

​美味しい旅

女王が愛した生ハムを食べに山間の村へ行きませんか?

トレベレス グラナダ

​グラナダといえばアルハンブラ宮殿が有名ですが、郊外には素敵な場所がいろいろあります。

1492年1月2日、グラナダがカトリック両王の軍勢の前に無血開城した後、ナスル朝最後の君主ボアブディルことムハンマド12世は一旦シエラネバダ山麓の所領に退いき、その後フェズへ亡命し、ナスル朝は滅亡するのですが、彼らが退いていたシェらネバダ山麓の村々は現在でも存在し、厳しい自然環境ではありますが、民芸品や小規模で高品質な食品の製造を営んでいます。グラナダからシエラネバダ山ろくの村々に行く途中、グラナダの街を一望できる場所があります。そこは、グラナダを退去したボアブディルが、街を一望できる丘の上からグラナダ市街を振り返り、ただ落涙し、それを眺めていたボアブディルの生母アイシャは「男として守り切れなかったからには、女のように泣くがいい」と言い放ったと言います。そんな歴史を考えながら村々へ向かうとすごく感慨深い道のりになります。途中、村のいたるところに湧き水があるランハロン。ここはいろんな味の水が湧き出ていて面白い村です。その後、パンパネーラへ。ぜひ立ち寄りをお勧めしている「イリおばあちゃんのチョコレート」オレンジやイチジクにチョコレートがコーティングされているのは大きさも味も最高です。村にある小さなレストランは薪で焼いたお肉が絶品!

そして一番上にある村、トレベレスでは女王が愛した生ハムを昔ながらの手法で作り続ける家族経営の工場があります。プロが目の前で切る生ハムは最高においしいです。その他地元で作っている赤ピーマンのジャムとチーズの組み合わせは何とも言えないハーモニー! ここでしか食べられないものばかり!

アルハンブラだけでない、ディープなグラナダを楽しんでみませんか?

​プランニングはお任せください!

​オーダーメイド グルメの旅

スペイン全土

スペインは地域によって食も文化も異なります。ミシュランの星獲得レストランも多く、また地元の知る人ぞ知るB級グルメもたくさんあります。

行く場所でお勧めのレストランは?など弊社でオーダーメイド旅行をご依頼いただいたお客様にはお好みにあった食情報もご提供しています。

食べたいもので行き先を決める旅もよいですよね!

私は最高の熟成肉が食べたくてカスティージャ・イ・レオン州とガリシア地方の境まで行ったしまったこともあります。

​そんな旅もお任せください。